定期預金比較TOP > 

定期預金の預金保険制度とは

預金保険制度とは、「万が一預金先の金融機関が破たんし払い戻しができなくなった際に、預金者を保護し資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度」です。

預金保険の対象となるのは、普通預金・当座預金・定期預金・貯蓄預金などありますが、定期預金の場合、元本1000万円までとその利息が保護される仕組みになっています。

まとまった額、定期預金を契約するときでも、1000万円までならしっかり保護される仕組みになっているので、安心できますね。

1000万円以上の余裕資金のある方は、複数の金融機関に分けて定期を組むと少しでも預金の元本割れのリスクを回避することができるでしょう。

最終更新:4月27日

各銀行定期預金額で比較

定期預金額で比較

定期預金期間で比較

定期預金お役立ち情報