定期預金比較TOP > 

マネックス証券の個人向け国債

まず、「国債」とは何でしょうか。

国債を買う(=国にお金を貸してあげる)と、どうなるの?

では、「個人向け」国債とは?

個人向け国債が銀行定期預金より"はやらない"理由は?

「国債」とは、国が発行する借金になります。

たとえば、【国が100万円ぶんの国債を発行した】とします。これは「100万円を貸してください」と、国がお金を貸してくれる人を捜しているという意味。

・「100万円は貸してあげられないけど、1万円なら貸してあげられるよ。」
・「少し余裕があるから、20万円貸してあげられるよ。」

という感じで、貸してあげてもいいという人は、自分ができる範囲でお金を貸してあげる(=国債を買ってあげる)ということになります。

もちろん、メリットがなければ誰もお金を貸してくれません。国債も借金ですので、お金を貸してあげる=国債を買ってあげると、「利子」となる「金利」をもらえます。

また、お金を貸すといっても、いつでも返してもらえるわけではありません。3年、5年、10年など、期間が決められているため、基本的にはこの期間が経過するまでお金は返してもらえません。(実際には返してもらえますが、ペナルティとして最後の2回分の利息を引かれてしまいます)

なお、お金を返してもらうことを「償還」と言います。

文字の通り、個人が買える国債です。

株や社債など、個人が投資できる金融商品にはいろんなものがありますが、株や社債は、その会社が倒産してしまったら、投資した金額は戻ってきません。また、銀行に預金しておいても、銀行がつぶれてしまったらやはり、1,000万円までしか戻ってきません(ペイオフ)。

しかし、国債は国が発行する債券。国がつぶれてしまわない限りは償還を受けることができる(貸したお金を返してもらうことができる)ため、最も安全な金融商品であると言うことができます。

個人向け国債には、利率が一定の「固定・3年」と「固定・5年」、そして利率が変動する「変動・10年」があり、それぞれ利率が異なります。基本的に個人向け国債の方が銀行定期預金よりも金利が高いため、

・しばらくは置いておいても大丈夫なお金がある
・手続きが少し面倒でも、利率がいいほうがいい

という方は、個人向け国債の方が有利ということになります。

金利が高く、リスクも低い個人向け国債ですが、銀行定期預金に流れてしまう方がまだ多いようです。これには理由があります。

・満期が長い:比較的満期が長く設定されており、銀行ほど柔軟ではありません。3年か5年か10年の3タイプしかないのです。それでもいいよ!という方は個人向け国債の方が有利。

・手続きが少し面倒:銀行定期預金は銀行に出かけていけばいいだけ。でも、個人向け国債は証券会社など金融機関で申し込まないと行けません。

・いつでも買えるわけではない:募集期間がいつも決まっているため、「個人向け国債を買おう」と思ったときにちょうど募集していない、ということがあるようです。

・証券会社が投資信託を勧めてくる:実は証券会社は個人向け国債を勧めるよりも投資信託を勧める方が、手数料が高いため儲けにつながります。このため、個人向け国債を勧めてくれる証券会社はあまり多くありません。(投資信託はリスクが上がるので、低リスクの運用をしたい方には向いていません。)

 少し長めの期間、お金を置いておくことができる方は、間違いなく個人向け国債がお勧め。証券会社で口座を開いておき(無料)、個人向け国債の募集が始まるのを待ちましょう。毎月募集しているので、よほど急ぎでなければ問題ありません。

 個人向け国債を検討しているなら、証券会社はマネックス証券が間違いないでしょう。他にも多くの金融商品があるうえ、初心者にたいへん優しくサポートが手厚いことで評価が最も高いのです。

最終更新:4月27日

各銀行定期預金額で比較

定期預金額で比較

定期預金期間で比較

定期預金お役立ち情報